能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

昆布売 野村万作(潤星会)

和泉流 国立能楽堂 2006.6.24
 シテ 野村万作、アド 竹山悠樹


潤星会は能一番と狂言一番、それに舞囃子という構成。狂言は和泉流の昆布売でした。


昆布売のストーリーは、供も連れずに自ら太刀を持って出かけた大名が、出会った昆布売に太刀を持たせようとしたことから生じた喜劇。
太刀を持たせたところ、嬲られたと憤った昆布売と立場逆転して、大名が散々に弄ばれる面白さ。さらに様々な節回しで昆布売をせよ、ということで謡節や浄瑠璃節、踊り節と、様々に繰り出す面白さ。二つの面白さを合わせたような形になっています。


昆布売に太刀を持たせようとするのは二人大名と同じような筋立てになっていますね。持ち方が分からないという昆布売に、自分の太刀は左に主人の太刀は右に、と大名が教えるあたりも同じ。


狂言は、古くはキチンとした台本はなかったらしく、かなりアドリブの部分もあったのではないかと思います。
「前半のここまでは○○と同じ」などという書き方がされている曲も少なくないようです。
様々な節を見せる面白さは呼声にも通じますね。
浄瑠璃節ではツレテン、ツレテンと三味線の真似を入れますが、これは和泉流だけだったのではないか、と、いささか不確かな記憶ですが・・・三味線を入れた浄瑠璃が出てくるところから見ると、おそらくは江戸時代になってから作られた狂言なのでしょうけれど、なかなか面白くできています。


相変わらず万作先生の芸は見応えがありますね。
シテの大名がまさに適役。偉そうに出てきたのに、なんともしまりがない大名を好演。見事な芸でした。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/116-e054cd7e

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-11 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad