FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

狸腹鼓のつづき

次第の囃子、小鼓がこころなし緩めにして音を低く打っているような感じで、狸の出にふさわしい雰囲気です。
幕を出ると幕前で次第を謡います。残念ながら聞き取れませんで、次第を謡っているんだなと思った程度の話です。後見の彌太郎さんと千太郎さんが後見座に控えましたが、彌太郎さんは橋掛りの入り口へ出て、橋掛りを見る形に座しています。

シテは次第を謡い終えると向きを変え、「まことに子を持って親の」気持ちが分かるものなどと言いながら橋掛りを歩み始めます。向きを変える時には釣狐のように素早く音を立てる杖使いを見せます。
装束は朱のような色の水衣で、狸の面を深緑の花帽子で包んでいます。いやはや怪しい雰囲気ですが、尼の姿ということで「子を持って親の・・・」の言葉の通り、雌狸という次第です。
同じ大藏流でも、茂山千五郎家のいわゆる彦根狸では、狸の面に重ねて尼の面をかけますが、この日の面の扱いは加賀狸と同様ですね。

さて橋掛りを進んできたシテですが、一ノ松あたりで「いや来るほどに、いつもの野へ参った」と、“うだの”にやって来た様子です。「月も冴え」と後に月を見上げ愛でる様は狸も風流を解するということでしょうか。

小歌を謡っていこうと、小歌節を謡い出します。
このあたりでアドが立ち上がり、舞台上から橋掛りの様子をしきりにうかがいます。

三ノ松あたりまで戻ったりしつつ、月に照らされて浮かれた様子のシテは、やがて舞台に入り常座へと出ます。

するとしきりに不審がっていたアドがシテに声をかけます。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1169-d7141c22

 | HOME | 

カレンダー

« | 2019-09 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。