FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

釣針のつづき

さて、アドはシテに霊夢のことを話します。眠っていると御殿のうちが振動し、妙なる声で、釣り針を与えるとお告げがあった。なんなりとも望みのものを釣らしてやろう。西門の一ノ階に釣り針があるとのお告げだったと、太郎冠者に語ります。

二人は早速、西門に向かうことにし舞台を廻りますが、その間に後見が竿に紐を巻き付け先端に大きな釣り針を付けた物を、目付に出します。

まずはアドの主人が釣り針を有り難くいただき、「汝もいただけ」と太郎冠者に渡します。太郎冠者も常座で有り難くいただき、さて急いで浜辺に行こうとの主人の言葉で、先に主人が立ち、後から太郎冠者が釣り針の竿を肩に担って、二人は橋掛りに進みます。

幕前から戻り、アドが一ノ松、シテが二ノ松で「打出浜に着いた」と、浜に着いたことを示して舞台に入り、舞台は先ほどの西門から、今度は浜辺にと変わります。

和泉流の形などでは、そもそも申し妻をすることになっているので、早速に妻を釣ろうという次第になりますが、この日の形では宿願としか言っていませんので、何を釣るか、主人と太郎冠者が相談する形になっています。

太郎冠者は「武具馬具を釣りましょう」と言いますが、一通りあれば十分なもので武具馬具はいらないと主人が言い、それでは「こなたはお妻がいらっしゃらぬので、おかみさまを釣りましょう」と太郎冠者が提案します。
別な形では、まず太郎冠者が腰の物を釣ろうと言い、最初に小さ刀を釣り上げ、続いて太刀を釣り上げていく演出もあるようです。

ともかくこの日は最初から主人の妻をつろうということで、左右に拍子にかかって釣れと主人に言われたシテは「釣ろよ 釣ろよ おかみさまを 釣ろよ。釣ろよ 釣ろよ おかみさまを 釣ろよ」と繰り返しつつ橋掛りを進んで、幕の下に釣り針を投げ入れます。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1173-0a1e9405

 | HOME | 

カレンダー

« | 2019-09 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。