FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

落葉さらにつづき

シテ、ワキ掛け合いの謡から、地の次第「落葉の積もる罪科を 落葉の積もる罪科を 払ひて塵となさうよ」が謡われ、サシ込み開キの型の後、地取りでシテは一度後ろを向いて後見が装束を直します。地取りのうちにシテが正面に向き直って、地のクリからシテのサシ、そしてクセへと謡が展開していきます。

夫である柏木は女三の宮を思う気持ちから離れられず、一方で夕霧が忍んでくるという中で、揺れ動く落葉の宮の心情が謡われます。クセは舞グセで、型としては特別ものはありませんが、そうしたシテの心情を表すような、しっとりとした舞です。

さらに、地謡の「横笛の」から、シテは昔のことを回想しつつ序ノ舞へと入っていきます。昔を回想するシテの揺れる気持ちが、そこはかとなく感じられるように舞上げると、シテは「横笛の、しらめはいとど 変わらねど」と謡い、妄執の思いが強まって、シオリつつ大小前へ下がって破ノ舞へと続いていきます。

妄執の思いにとらわれたシテの舞ですが、舞の終わりに正中に下居して、ワキに向かって合掌し「されども逆縁の御法を受けて」と謡い出します。
ここでようやくワキ僧の回向により成仏に向かうというところで、シテ「落葉の音は」地「ほろほろはらはらと時雨に交じりて」と謡ううちに、扇を逆手にとって下を見つつゆっくりと舞台を廻り、大小前から「山より明け渡れば」とワキに向けて雲扇。さらに舞台を廻って常座へ戻り、小回り開キの後、「山風ばかりや残るらん」と留拍子を踏みました。
陀羅尼落葉では、後場はワキ、ワキツレの待謡で既にシテの成仏が約束された様子で、後シテの一声は「あら有難の御経やな」で始まります。
既に僧達の読経で成仏したシテが、さらに陀羅尼経の声を受けて序ノ舞を舞い、天女の伎楽の声を聞きつつ、破ノ舞を舞います。
同じ題材ではあるものの、この落葉では昔の思いのままに現れたシテが、序ノ舞・破ノ舞と舞って最後に成仏する形で、これは確かに別曲という扱いに納得がいきます。

三番目物で、序ノ舞・破ノ舞とある曲は久しぶりですが、なかなかに興味深く拝見しました。
(103分:当日の上演時間をおおよそで記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1178-686fcb35

 | HOME | 

カレンダー

« | 2019-09 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。