FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

樋の酒のつづき

さて別々の蔵に閉じ込められた二人ですが、次郎冠者は早速に酒壺の覆いをとり飲み始めてしまいます。実は次郎冠者は酒好きで、下戸というのは主人の勝手な思い込み。「下戸じゃと言うて酒蔵に入れられた。頼うだお方は、それがしが酒を飲むことをご存知ないと見えた」という次第です。

この次郎冠者が酒を飲む様子に、太郎冠者も飲みたくてたまりません。次郎冠者も飲ませたいものだと言い、太郎冠者は蔵の中を探して、軒垂れの樋があるのを見つけます。
この樋を次郎冠者のいる酒蔵に渡し、二人で樋になぞらえた太竹を持って、次郎冠者が太郎冠者に酒を飲ませることになる訳です。

和泉流の形だと、酒蔵に入った形の次郎冠者が、シテ柱、欄干越しに、橋掛りの太郎冠者に樋を渡して酒を飲ませる形ですが、山本家の演出だと舞台に二人が並んで樋を持ち合う形です。

さて酒が入ると段々楽しくなる両人。謡っては飲み、舞っては飲み、と盛り上がっていきます。それぞれ別の蔵に押し込められているので、狭いなどと言いながらも、結局は舞まで舞っての宴会。
太郎冠者は七つ子の謡い舞も見せ、すっかり楽しく酔っているところに、ようやく主人が戻ってきます。

二人の様子に怒った主人は、まずは酒蔵を開けて次郎冠者を叱りつけ、次郎冠者は逃げ入ります。
続いて蔵を開けて太郎冠者を叱り、太郎冠者が逃げ、主人が追い込んでの留。

和泉流の形とは違いますが、これはこれでなかなかに面白い一曲でした。
(22分:当日の上演時間をおおよそで記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1180-c66807b9

 | HOME | 

カレンダー

« | 2019-09 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。