FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

小鍛治 山田夏樹(潤星会)

金剛流 国立能楽堂 2009.6.6
 シテ 山田夏樹
  ワキ 宝生閑、アイ 山本則秀
   大鼓 高野彰、小鼓 森澤勇司
   太鼓 大川典良、笛 栗林祐輔

小鍛冶も本当に久しぶりに観た一曲です。
舞台はまずワキツレ、この日は大日向寛さんが勤めまして、白大口に袷狩衣、洞烏帽子の大臣姿。登場すると、常座にて一条院に仕える橘道成であると名乗り、勅諚により三条の小鍛冶宗近に御剣を打たせる使いとして、宗近の私邸へ向かいます。

この橘道成というのは、能の上では例の道成寺を建立した道成卿として登場し、道成寺の名の由来になったという方ですが、どうも実在の人物ではないようです。似た名前の橘通成(こちらはミチシゲですが)は実在ですが、能の作者が気に入った名前なのかも知れません。

さて名乗りの終えたワキツレは、あらためて橋掛りに入り、一ノ松から幕内に声をかけます。
これに応えてワキ三条小鍛冶宗近の宝生閑さんが、白大口に掛け直垂、士烏帽子の姿で登場し、誰かと問いかけます。ワキツレが一条院の勅使である旨を名乗ると、ワキは幕前に着座し両手を突いて勅諚を伺う形になります。
いつもながら閑さんのワキは品格があり、宗近はそうそう重い役ではありませんが、能自体に風格が出るような感じがします。

ワキは、御劔を打てという勅諚を承ったものの、それには相鎚を打つ者がいなくては出来ない、と断ろうとします。しかし、ワキツレは帝が不思議のお告げにより勅諚賜ったものだから、ともかくも承るようにと言ってワキ座へと進みます。

ワキは地謡に合わせて橋掛りを進み、割と軽めの運びで一ノ松あたりまで出ると、その後は歩を緩めて、地謡いっぱいに常座まで出ます。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1181-f3f5b914

 | HOME | 

カレンダー

« | 2019-12 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。