FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

小鍛治のつづき

常座まで出たワキは、これは一大事になったもので、かくなる上は氏の神である稲荷明神に参詣し祈誓しようと述べてワキ座に歩み出します。

ワキが正中にかかるあたりで、幕が上がってシテの呼び掛けとなります。
前シテは朱地の小袖に浅葱の水衣、黒頭の童子姿です。ワキに、三条の小鍛冶宗近かと問いかけ、ワキはなぜに自分の名を知っているのかといぶかります。

シテ、ワキの問答となり、シテは勅諚の下りたことも語って、ますますワキが訝るうちに、シテは橋掛りを進んで常座まで出ます。
地謡の上歌で、ワキはワキ座に着座し、シテは正中へ進んでワキと見合って語り合う形を示した後、常座へ戻ってワキに対峙します。

地のクリ「それ漢王三尺の剣・・・」が謡い出されると、シテは大小前に進んで下居します。シテと地謡の掛け合いで剣の威徳が謡われて、地謡のクセ。こちらは本朝の、大和武尊の東征の話が謡われます。居グセで謡を聞く形になりますが、「夷四方を囲みつつ」で面を左右に切り、枯野の草に火がかけられ燃え上がる様に、面を伏せ「火焔を放ちてかかりければ」で面を上げて中腰になります。

「尊は剣を抜いて」と謡いつつ、扇を剣に見立てて見込み、立ち上がります。
さらに「四方の草を薙ぎ払へば」と扇で左右を払います。地謡に合わせて面を切り、舞台を廻って「その草薙の故とかや」と大小前からワキを見て、「伝ふる家の宗近よ 心やすく思ひて下向し給へ」の謡いにワキ正からワキを見込んで、大小前に下居します。

ワキは、中国そして我が国の剣の威徳にまつわる話、まさに今の時にあたっては祝言となるが、さてあなたは如何なる人なのかと、シテに問いかけます。
しかしシテは「よし誰とてもただ頼め」と謡い、地謡に乗せて立ち上がると、舞台を小さく廻って常座で小回りし、来序で中入となります。ワキも立ち上がって中入。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1182-b894ef37

 | HOME | 

カレンダー

« | 2019-09 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。