FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

葵上 山中一馬(牛久市民能楽鑑賞会)

金春流 牛久市中央学習センター 2009.7.4
 シテ 山中一馬、ツレ 柴山暁
  ワキ 森常好、ワキツレ 則久英志
  アイ 月崎晴夫
   大鼓 安福光雄、小鼓 曽和正博
   太鼓 金春國和、笛 藤田朝太郎

葵上は、一昨年に金剛流の種田道一さんと観世流の岡庭祥大さんの上演について、ブログに鑑賞記を書いています。種田さんの演能(鑑賞記1)は梓之出の小書付。岡庭さんの方(鑑賞記1)は小書無しです。

今回、小書は付いていないのですが、実際の演能は梓之出の小書付の形だと思います。
金春流の葵上で小書が付いている番組を見た記憶がないので、金春には梓之出の小書は無いのかと思っていましたが、調べてみると金春の謡曲名寄には梓之出の記載があるようです。演能の際に小書を表記しなくとも、実際は演じているということなのかも知れませんね。

さて舞台にはまず後見の守屋さんが小袖を持って出て正先に広げます。病床に伏せる葵上を表す訳です。そう言えば守屋さんの能は、一昨年に弱法師を観て以来拝見していませんが、あれはなかなかに良い能でした。

準備が整うと出し置きのツレが、朱地に紅葉の文様の唐織に白水衣の装束で登場し、ワキ座に着座します。するとワキツレ臣下の出になり、則久さんが白大口に紺地の袷狩衣、洞烏帽子の装束で橋掛りを進み、常座に出て名乗りとなりました。
以前にも書いたような気がするのですが、則久さんの端正な芸風には好感を持っています。国立劇場「伝統芸能伝承者育成」のご出身ですね。

ワキツレは名乗りの後、ツレ照日の神子に、梓に生霊死霊を梓にかけ明らかにするように促します。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1189-f5315bbf

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-03 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。