FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

葵上のつづき

ツレは柴山暁さん。桜間金記さんのところの方のようですが、お若い様子。
大小が梓ノ手を打ち、これを受けて「天清浄地清浄・・・」と謡い出します。随分と低い音程の謡ですが、いつぞや同じ金春流山井綱雄さんがツレをされたのを拝見した時も、低い音程の謡でした。金春の節付け自体が低く付いているんでしょうね。お二人の声の調子もあるかとは思うのですが・・・

観世流だとこの照日の神子の謡はかなり高めの音程で謡います。霊を引き寄せる意味で高く謡うのだと思いますが、同時に、このあとのシテの一セイ「三つの車にのりの道」が低く抑えた謡になるので、ここを高く謡っておくと、シテの出がより暗く印象づけられる効果があるように思います。

さて昨日書きましたように、この日は小書が付いていなかったのですが、ツレの謡のうちに幕が上がり、「今ぞよりくる長浜の」でシテの出となりました。
ツレの謡いっぱいまでにシテは一ノ松まで出、正を向いて一セイを謡い出します。
二の句「夕顔の宿の破れ車 やるかたなきこそ悲しけれ」を謡うと、笛のアシライが入り、シテは舞台に進みます。

舞台に入ったシテは、このあとの次第、サシ、下歌、上歌を省略して、常座で「梓の弓の音はいずくぞ」と謡います。この、ツレの謡のうちに登場して次第、サシなどを省き「梓の弓の音はいずくぞ」と謡い掛けるのは、梓之出の小書の形ですね。流儀や演者によっては一セイも省く場合があるようです。
以前にも書いたことがありますが、この次第、サシ、下歌、上歌は、なかなかに趣き深い部分で、この謡を省いてしまうのはもったいない感じもします。しかし一方で、シテが佇んで謡うだけの場面が続く形になるため、思い切って省略してしまった方が緊張感が高まる感じもあります。
常の形、この梓之出の形、いずれもそれぞれに魅力がありますが、この日の会では初めて能を観る方が多いだろうということで、この形を選ばれたのかも知れませんね。

さてシテの謡に、ツレが「東屋の母屋の妻戸にいたれども」と謡い、シテが「姿無ければ問う人もなし」と続けます。これを受けてツレが、生霊の様子を謡い、ワキツレ臣下に様子を告げる形になります。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1190-7fccb364

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-04 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。