FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

葵上さらにつづき

ツレの謡では「誰とも知らぬ上臈の破れ車に召されたる」のと「青女房と思しき人の牛も無き車の長柄にとりつきさめざめと泣き給う」と、二人の人物が登場している様子が謡われています。古い時代にはこの青女房も舞台に登場したらしいという話を、以前、書いた記憶があります。
この前の部分の謡も、ツレの「東屋の母屋の・・・」の部分は青女房が謡った方が、辻褄が合う感じがします。

この後は、シテの思いのこもった謡から、ツレとの掛け合いになり、後妻打ちの場面へと続いていきます。シテの山中さんも相当に迫力のある演技で、思いのこもった風を見せていただきました。梓之出の形になっていることもあり、能の展開が締まって感じられました。

特に変わった演出等はなく、後妻打ちから地謡が受けて恨みを謡う形になり、「昔語りになりぬれば」でシテが壺折りにした唐織を広げて、「うち乗せ隠れ行こうよ」と被いて後見座にクツログ形になります。

場面は一転してワキツレがアイを呼び、横川の小聖を呼んでくるように命じます。
これを受けて、アイの月崎さんが一ノ松から幕に向かい、案内を乞います。
答えて登場したのがワキ横川小聖の森常好さん。例によって堂々たる行者の姿です。アイとの問答から葵上の屋敷に伺候することになります。

舞台に入ったワキは、ワキツレとの問答の後、正先に出て邪気が強いことを述べ、加持を行うことにします。ノットの囃子から「行者は加持に参らんと」と謡い出します。

装束を変えたシテは、ワキの謡のうちに唐織を引き被いたままワキ正に出て再び伏せます。ワキが「なまくさまんだばさらだ」と謡い終えると唐織を外して姿を現し、祈となります。山中さんのシテはなかなかに強い思いを表して、ワキと渡り合う形。
祈の後もワキ、シテの争いが続きますが、最後は教典読誦の功徳で成仏したと姿を消します。能としては短い時間の中に展開が凝縮された感じで、面白く拝見しました。
(49分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1191-4d8530a5

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-03 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。