FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

俊成忠度さらにつづき

ここからシテ、ツレの問答になります。
千載集に歌を入れていただいたお気持ちは嬉しいが、読み人知らずとされたのは心残りだとするシテに、朝敵となった忠度の名を出す訳にはいかないので読み人知らずとしたが、この歌があるなら忠度の名は隠れもないと俊成は語ります。
この二人の問答を受けて、地謡が「さざ波や 志賀の都は 荒れにしを 昔ながらの 山桜かな」という、千載集の歌「故郷の花」を謡い、続く謡のなか、シテは舞台を一回りして常座で小回りした後、正中へ下居してサシ謡「凡そ歌には六儀あり」を謡い出します。

地謡、シテの掛け合いからクセ。クセは居グセですが、シテの姿は清々しい雰囲気が漂っています。「さてもわれ須磨の浦に」で立ち上がり、型通りに上げ扇へと移っていきます。クセの後半は型通りの舞ですが大小前で袖を返して左右、常座へ向かい「あら名残惜しの夜すがらやな」と地謡が観世流らしい高音の華やかな謡を謡う中、サシ込開いて足拍子を踏み、カケリとなります。

祥丸さん、子方の時から何度か拝見していますが、舞の上手は天性のものもあり、また祥六さん、祥人さんの稽古の力もあってのことなのでしょう。足拍子を踏む際の安定感など、将来が楽しみな舞姿でした。

カケリの終わりは、ツレの「不思議や見れば忠度の」の謡が囃子にかぶさるように謡われて、修羅の様が表されます。
剣を抜いて打つ型、舞う姿、一つ一つが丁寧に舞われて好感が持てます。

「ありつる姿は鶏籠の山、木隠れて失せにけり あと木隠れて失せにけり」と留拍子を踏んで終曲となりました。
初面の舞台らしい清々しい一曲でした。
(37分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1196-05e882a9

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-03 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。