FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

道成寺さらにつづき

次第に続いてサシから詞。高めの音をとって絞り出すような謡です。「只今参らばやと思ひ候」から道行の「月は程なく入汐の」は、間を開けずに続けるような感じで謡いましたが、いよいよ凄みを増すようで、「急ぐ心かまだ暮れぬ」と高音で引き立てるように謡い、左手で唐織をつかんだ感じが、急ぐ心を表すようです。「日高の寺に着きにけり」と繰り返していよいよ寺にやってきました。

道成寺にやってきたシテは「やがて供養を拝まうずるにて候」と、鐘供養に向かう気配ですが、この詞にオモアイが立ち上がり、アイ、シテの問答になります。
アイはワキ住僧から命じられたとおり女人禁制である旨を述べますが、シテが舞を舞って供養しようというのを受けて、一存で許可を与えてしまいます。

これに喜んだシテは早速舞を舞うことにし、物着となります。
物着の手のうちに黒烏帽子を着けて舞の準備が整うと、シテは立ち上がり、いったん橋掛りに進んで一ノ松で正面に向き、そこから一度鐘を見上げます。執心を示す形でしょうか。「嬉しやさらば舞はんとて」の謡で舞台へ入り、「既に拍子を進めけり」と力を込めて引き立てて謡った後「花の外には松ばかり 花の外には松ばかり 暮れ初めて鐘や響くらん」と、抑えて次第を謡い、乱拍子となります。

左の褄を取り左足で音を立てずに拍子を一つ踏んで、左に足を開きます。戻した足で足拍子を一つ。身をかがめて右へ開いて戻し、左右と足を進めて左足を開き、戻して足拍子を踏むといった形で、足拍子一つに思いを込めつつ舞台を廻ります。
左足を上げながら左右すすっと詰める形は、これまで見た記憶がありません。小書のためかと思いますが、ぴんと上げたつま先を鼓の音で下ろす常の形とは随分と印象が異なります。

この足拍子一つを踏む形を七度ほど繰り返し、そこから形が変わって足拍子をいくつか音無く踏んで、扇を左手にとって右の褄を取り「道成の卿」と謡い出しました。

私、長いこと道成というのは道長からの連想で、藤原氏と決めてかかっていたのですが、どうも伝承ではこの道成寺を創建したのは紀道成という方だったとか。まあこれも伝承で、そもそも紀道成などという人は実在しなかったという話もあります。
良くは分かりませんが、舞台の方は乱拍子から急ノ舞へと展開します。
このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1202-9c36b04f

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-08 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。