FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

道成寺さらにさらにつづき

乱拍子から急ノ舞への展開は、いつもながら息を詰めるような場面の連続になりますが、五段の急ノ舞を舞終えたシテは「春の夕暮れ」と上げ扇、さらに常座からワキ座へと進み目付へと回って、テンポを速める謡のなか目付で鐘を見込みます。扇で烏帽子を飛ばし「思へばこの鐘恨めしやとて」と鐘に寄って下に入り、両手を挙げて足拍子を踏むと、落ち始めた鐘にまさに吸い込まれるように飛び上がり、鐘に姿を消しました。
道成寺も何度か観ていますが、この鐘入りは出色の出来の一つだったように感じました。

さて鐘が落ちるとオモアイ、アドアイが例によって「くわばら くわばら」「揺りなおせ 揺りなおせ」と雷、地震それぞれのとらえ方で登場し、鐘の落ちているのに気付きます。どちらが報告するかで一騒ぎの後、アドアイが退場し、オモアイがワキに報告して退場すると、ワキの語り。閑さんらしい風格のある語りです。

さて、いよいよ鐘を引き上げようということになり、ワキ、ワキツレが数珠を揉んで「東方に降三世明王」から五大明王に祈り、不動明王の真言を唱えて鐘を上げようとします。
「すはすは動くぞ祈れただ」で鐘後見が少しだけ鐘を上げ、静かに下ろします。続く謡のうちに「この鐘響き出で」と鐘の中からはシンバルのような音が聞こえます。お寺で使う鐃鉢(ニョウハチ:またはニョウバツ)の類なんでしょうね。

通常の形ではこのシンバルのような音のあと鐘を揺らしたりなどしますが、ここは静かに鐘を少し上げてから下ろし、いよいよ「程なく鐘楼に引き上げたり」と鐘を引き上げると、白練を引き被いてうずくまったシテが姿を現します。

続く祈では、白練を体に巻き付けつつ立ち上がったシテが、目付へ進みワキをワキ座に追い込んで鐘を見上げます。さらにシテ柱で白練を音して橋掛りに進み、ワキがこれを追いますが、幕前から笞を振りつつシテが戻し、シテ柱に橋掛りから左手を背に巻き付くように鐘を見上げます。さらに柱に巻き付くように回り込んで舞台へと進み、目付からワキ座へとワキを追い込みますが、戻されて大小前に安座してキリとなります。

「また起き上がって忽ちに」と立ち上がって橋掛りへ進み、一ノ松で鐘を見上げた後「深淵に飛んでぞ入りにける」と幕に飛び込み、最後はワキが留拍子を踏みました。
期待通りの、というかそれを上回るような一曲でした。観に行って良かったとしみじみ思った次第。附け祝言は淡路でした。
(105分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1203-c7dab582

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。