FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

勧進帳の一調と姨捨の仕舞(花祥會)

ああ、良い舞台だったなあとしみじみ思い返す花祥會ですが、能二番、狂言一番に加えて、宗家清和さんに亀井忠雄さんの大鼓で勧進帳の一調、祥六さんの姨捨の仕舞が添えられていて、これまた味わい深い番組でした。

勧進帳はご存じの通り、安宅の中で、シテ弁慶がただの往来物の巻物を取り出して、ありもしない勧進帳のように高らかに読み上げる部分で、安宅の中でも盛り上がるところ。勧進帳自体も、正尊の起請文、木曾の願書とともに、三読み物として尊重されますが、なかでもやはり勧進帳が最も有名。

さてこの宗家の勧進帳、これまた良かったんですワ。清和さんってどちらかというと、お顔立ちもあって繊細で華奢な印象があるのですが、これがまた堂々とした勧進帳でして、まさに「帰命稽首敬って白すと 天もひびけと読み上げたり」という謡。
亀井忠雄さんの気迫の籠もった大鼓と合って、力強い一番でした。

一方、姨捨の仕舞。
祥六さんの芸の力ということなんでしょうね、老女の抑えた悲しみのようなものがじんわりと伝わってくる一番。老親を持つ身としては、しみじみと考えてしまうような深い物を感じた舞でした。

能一番に比べると、軽い物と捉えてしまうことの多い一調や仕舞ですが、逆に凝縮されたものがあり、深い感動を覚えた次第です。
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1204-e3fe3cab

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-05 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。