FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

宗論のつづき

舞台に登場したアドはまず「南無妙法蓮華経 蓮華経の経の字を きゃうせんと人や思ふらん」という次第を謡います。
本来は囃子方が出て次第を奏しての登場となるのでしょうけれども、囃子はこの次第だけなので略する方が普通ですね。水衣に括り袴で頭巾の上から笠を被っての登場です。

昨日、法華僧というのが天台宗か日蓮宗か微妙という話を書きましたが、この曲では法華僧が次第の謡、地取に続いて「都六条本国寺の出家」と名乗りましたので、日蓮宗ということが明らかです。
本圀寺(なんでも水戸黄門光圀の一字を受けて本國寺から本圀寺となったんだそうで、現在は本圀寺と表記しているようですが)は、日蓮宗六条門流の総本山です。さらに法華僧は甲斐の身延山へ参詣した帰りであると述べ、身延山のありがたい様子などを語りながら舞台を廻ります。

常座に戻ると「上下の街道に参った」と言い、連れが欲しいものだとワキ座に座して人待つ形となります。

すると今度はシテの浄土僧、逸平さんが登場してきます。
常座に出ると法華僧同様に次第を謡います。こちらは「南無阿弥陀仏の六つの字を 南無阿弥陀仏の六つの字を むつかしと人や思ふらん」です。

続いて黒谷の出家であると名乗り、信濃善光寺へ参詣しての下向道であるといって、善光寺の有り難さなどを語りつつ舞台を廻ります。
黒谷は、京都黒谷にある金戒光明寺、浄土宗大本山のことですね。浄土僧の装束は緑系の色の十徳に狂言袴、こちらも旅帰りの僧ですが、装束のせいもあるのかなんだか気楽な感じがします。

浄土僧が舞台を廻っていると、これに気付いた法華僧が浄土僧に声をかけます。
どちらからどちらへ、用を前にあてて後から前へ、とお馴染みのやり取りもあり、二人とも都へ向かうことが明らかになって、同道していこうということになります。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1206-dd08b634

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-07 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。