FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

居杭 茂山千之丞(納涼狂言祭2009)

大藏流 国立能楽堂 2009.08.29
 シテ 茂山千之丞
  アド 茂山童司 茂山宗彦

この居杭(イグイ)という曲、シテ居杭の役を子供がするのが普通ですが、今回は八十歳代も半ばを過ぎた千之丞さんが勤めました。子供が演じる居杭はこれまでも観たことがありますが、私も大人の居杭は初めてです。

宗彦さんの解説などを聞いていると、子供か、あるいは老人が演ずる曲という決まりのようで、能でいえば鷺のような感じでしょうか。ともかく珍しい配役でした。

まず舞台にはシテ居杭が登場し、常座で名乗ります。いわゆる狂言出立です。この居杭、とある方に目をかけてもらっていて、それは大変有り難いのだけれども、呼ばれる度に頭を叩かれるので困っていると語ります。
そこで清水の観世音に祈誓したところ、頭巾を下されたといって、唐頭巾のようなものを取り出します。どの様な奇特があるのか、まだ分からない様子ですが、ともかくこれをもって、何某の家に行くことにします。

さて舞台を廻って何某の家にやってくると、シテは常座で案内を乞います。
長上下姿で控えていたアド何某が立ち上がってワキ座に出、居杭を迎える形になります。
何某は居杭がやってきたことを喜び、早速、良く来たななどと言いながら居杭の頭を叩きます。これを居杭は扇を持つ手を上げて受けますが、その後も何某との話が続く中で、度々何某が居杭の頭を叩きます。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1211-fbad4f58

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-06 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。