FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

養老もう一日のつづき

さてツレがサシを謡い、最後にワキに向かってサシ込み開くと地謡「これとても誓いは同じ法の水」の謡になり、幕が上がって後シテが登場してきます。
後シテは袷狩衣を衣紋付けにし、半切に、芍薬の花をあしらった玉冠を着けています。この玉冠は水波之伝の時にのみ用いられるものとか。面も常の邯鄲男から三日月に変わって、だいぶん印象が違います。

地謡に続いて「我はこの山 山神の宮居」と謡いつつ、シテは橋掛りを進みます。次の「又は楊柳観音菩薩」の句はツレ天女が謡い、シテは一ノ松で「神と云ひ」と受け、ツレが「佛と云ひ」と謡って、シテは舞台に入ります。
後シテの一セイ「ただこれ水波の隔にて」でシテは常座に出て天女と向き合う形になり、地「衆生済度の方便の声」シテ「峰の嵐や谷の水音滔々と」とシテは目付へ行きカカリ、一つ足拍子を踏んで下を見回します.
地謡が気を変えて運びを早める中、ツレが下がり、シテは答拝して神舞となります。

神舞は常の形よりも緩急がつき、さらに四段で盤渉調になります。なかなかに面白い舞を舞上げると、シテのワカで上げ扇。地謡が受け、さらにシテが目付に出て「水滔々として波悠々たり」と謡うとイロヱになります。
目付から舞台を廻って橋掛りへと入り、一ノ松で左袖を被き、戻して再び舞台へ入ると正先へ出ます。短い所作ですが、興趣を深めます。

シテは先ほどの謡のつづき「治まる御代の 君は船」と謡いつつ大小前に進みキリ。最後は「浮き立つ波の 返す返すもよき御代なれや」と正先で袖巻き上げて常座へ進み、直して留拍子を踏みました。
鑑賞記の初日にも書いたように観世流らしい華やかな演出で、これは好まれるだろうなと思うところ。面白く拝見しました。
(80分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1224-2f19dd66

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。