FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

瓜盗人 善竹十郎(閑能会別会)

大藏流 観世能楽堂 2009.9.12
 シテ 善竹十郎
  アド 善竹富太郎

ふと調べてみると一昨年、平成19年の閑能会別会でも十郎さんの瓜盗人が出ています(鑑賞記1)。昨年は観ていないので分かりませんが、一昨年と同じ曲というのも不思議な感じです。ただし19年はアドに大倉教義さんが出ていましたが、今回は富太郎さんということで、思いのほか雰囲気も違ってきました。

この曲、水掛聟などと同じように、アドとシテが交互に舞台に登場する形で進行するという、いささか複雑な構成のため、上演時間も長めです。
まず舞台上にはアド畑主の富太郎さんが登場してきます。畑に見立てた舞台を見回り、瓜が盗まれているのに気付き、一計を案じて案山子を作ることにします。
昨年の野村狂言座、石田幸雄さんシテの瓜盗人の鑑賞記()にも書きましたが、和泉流の形では最初に畑主が出たところでは、まだ瓜が盗まれていません。畑主は用心のため案山子を作って退場する形です。盗人の性格付けが違うのですが、それぞれの主張があるようで興味深いところです。

さてこの案山子ですが、今回は正面後方の席だったため、作る様子もよく見えました。烏帽子とうそぶきの面をどう組み合わせているのか、今一つよく分からなかったのですが、鞨鼓の側面にうそぶきの面をくくりつけ、烏帽子を被せて、ちょうど人の頭のように作られています。最初に思いついた狂言役者はたいしたもの、と思うような出来です。
鬘桶に割竹を置き、水衣の袖を竹に通して体のような形にし、面と烏帽子を組み合わせた頭部を乗せると、見事に案山子が出来上がりました。

案山子に加えて垣を直そうとあれやこれやの作業をして、アドが退場します。
このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1225-9b1817a9

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-10 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。