FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

卒都婆小町のつづき

重い曲なので囃子方が長上下を着けて登場。地謡、囃子方が着座すると、笛のヒシギで習ノ次第の囃子となります。
非常にゆったりとした位のある囃子で登場したシテは、三ノ松で一度立ち止まって佇みます。摺箔に縫箔を腰巻にしてヨレの水衣を着けています。笠を被って杖をつき、再び歩み出した後、一ノ松まで出て一度正面を向き、そのまま後ろを向いて次第謡となりました。
常の形では次第の囃子でワキとワキツレが登場し、次第を謡ってワキの名乗り。さらにワキのサシからワキツレとともに下歌、上歌と風情ある謡を謡います。ワキの着きゼリフで二人はワキ座に向かい、ここであらためて習ノ次第が奏されてシテが登場します。

観世流ではこの、ワキの次第、シテの次第と繰り返される形を整理しようとしたのか、いきなりシテが習ノ次第で登場する演出が考えられ、それがこの日の「一度之次第」という小書になっています。
このため、まずシテが登場して次第を謡い、地取りで正へ向き直った後、サシ、下歌、上歌と謡います。上歌の「かかる憂き身はよも咎めじ」で向きを変えて橋掛りを歩み出し、舞台に入って「漕ぎ行く人は誰やらん」とワキ正で右手の杖に左手を添えて佇む形になります。
「あまりに苦しう候程に、これなる朽木に腰をかけて休まばやと思ひ候」と詞を述べ、笠を取って左手に持ち、正中のややワキ正寄りに、杖にすがって腰を下ろすようにして下居しました。
見ていて「祥六さんの足腰は大丈夫なのかな」と思うような、リアルに立居振舞に不自由な感じだったのですが、どうもこれは半分以上演技のようで、芸力ということですね。

卒都婆小町では、ここで鬘桶に腰を下ろす形が普通ですが、鬘桶を用いない演出もあり、この日もその形。朽木に腰を掛けたというリアルさは無くなりますが、杖にすがって下居する形も老を強調する上では効果的な演出かも知れません。

ここでワキ、ワキツレの出となりますが、このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1229-65a618e3

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。