FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

卒都婆小町さらにつづき

囃子無しで登場したワキとワキツレの僧二人、一ノ松まで進んでワキの名乗りとなります。高野山より出でたる僧で、都に上ろうというところ。これは常の形のワキの名乗りと同等です。
続けて「急ぎ候ほどに」津の国、阿倍野の原にやって来たと述べ、一休みしようと言って舞台に入ります。ここでワキはシテの姿を見つけ、ワキツレに振り返って卒都婆に腰を掛けているので退けようと言ってワキ座に進みます。
ワキツレは目付にと進み、ワキ、ワキツレがシテに立ち向かう形になって「いかにこれなる乞丐人」と呼び掛け、腰掛けているのは忝なくも卒都婆であり、立ち退くようにと言って問答となります。

ワキは閑さん、ワキツレは大日向さんですが、さすがに風格ある演技。曲の位を感じさせるところです。

ここからシテ、ワキ、ワキツレの掛け合いの詞、謡から地の上歌と、卒都婆をめぐる問答が展開します。このあたり、仏教的教養を要するなかなかに難解なところで、謡で聞いていて昔の人も本当に分かったのだろうかと、疑問になるところです。
ともかく、ただの乞丐人(コツガイニン:乞食)と思った老婆に論破され、ワキ、ワキツレは「真に悟れる非人なりとて僧は頭を地につけて三度礼し給」うことになります。

この謡、シテは低く節付けを追いにくい呻きのような感じですが、知的であると同時に穏やかさを感じさせるワキと、いささか知に働く感じを受けるワキツレ、三者三様の謡が面白く感じられるところで、繰り返しになりますが老女物という切り分けとはいささか趣を異にする感じです。
地謡の途中、「佛も衆生も隔てなし」でワキツレは静かに目付から地謡前へと進み、ワキ座横あたりに着座します。ワキは「真に悟れる非人なりとて」あたりで二足下がって腰を下ろし、両手を突いてシテを拝する形になります。
シテは「我はこの時力を得」て、戯れの歌を詠みます。「極楽の 内ならばこそ 悪しからめ そとは何かは 苦しかるべき」と謡い、地謡が「むつかしの僧の教化や」と謡う中を杖にすがりつつ立ち上がって常座へと向かい、ワキも立ち上がります。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1230-fa12b73c

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-10 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。