FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

卒都婆小町もう一日のつづき

シテは「あら人恋しや あら人恋しや」とシオリ、ヨロッとした風に一足下がってさらにシオリます。
これにワキが「人恋しいとは さておことには如何なる物の憑き添ひてあるぞ」と問いかけます。

シテは「深草の四位の少将」と明かし、これを受けた地の「恨みの数の廻り来て」の謡で一度、右に流した後正面から後ろを向き、地謡の後の物着アシライで後見座に後ろ向きに座して物着となります。
笠を置き水衣を外して、薄黄のような色目の長絹に烏帽子を着けて立ち上がり、正中に進み出て「浄衣の袴かいとって」と謡い、イロヱになります。

他流ではもともとイロヱが入っているようですが、観世流の場合は常の形ではイロヱが入りません。これを入れる小書が彩色と思っていましたが、一度之次第でもイロヱが入るようですね。
とは言え、老女の動きですので極めてゆっくりとした動きで、ワキ正から目付へ出、少しふくらんだ程度に目付から舞台を廻って常座に戻り、正へ向き直るだけの形。これで再び「浄衣の袴かいとって」となり、シテは目付に進みます。
「狩衣の袖をうち被いて」で左の袖を上げ被く代わりの所作。扇を広げて出し「雨の夜も風の夜も」と正中で回って正面を向き、「行きては帰り、帰りては行き」と目付の手前あたりに進みます。
「一夜二夜三夜四夜」と左の手を上げて指折り数える型から、舞台を廻り深草少将の百夜通いの苦しみの様を見せます。地謡の「胸苦しやと悲しみて」で胸に扇をあてて下居し、「かように物には狂はするぞや」とワキを見上げて救いを求めるような形です。

キリになると扇を下ろして静かに立ち、サシて後ろを向き、扇を左にとってハネ扇の型。直して「花を佛に手向けつつ 悟りの道に入ろうよ」と常座で回ってワキの方へ合掌し、二度目の「悟りの道に入ろうよ」で直して扇広げて留となりました。
(87分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1232-220f15b8

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。