FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

鵺 白頭 関根祥人(閑能会別会)

観世流 観世能楽堂 2009.9.12
 シテ 関根祥人
  ワキ 森常好、アイ 善竹大二郎
   大鼓 佃良勝、小鼓 観世新九郎
   太鼓 観世元伯、笛 内潟慶三

この曲は19年の五雲会で小倉健太郎さんの演能を観た際の鑑賞記を載せています(鑑賞記1)が、各流を通して割と良く上演される曲、人気曲の一つとも言えましょう。単なる鵺退治の武勇譚ではなく、怪物である鵺の側からの視点で描かれて、悲しみのような不思議なものを内在させているからかも知れません。
喜多流の友枝昭世さんが、この能をめぐって深い思いを述べておられるのを拝聴したことがありますが、友枝さんのみならず、この曲に思い入れをもっておられる能楽師は少なくないようです。

怪物である鵺と書きましたが、そもそもは近衛院の頃に現れた怪しい化け物には名がなく、平家物語にも「鳴く声 鵺にぞ似たりける」とあり、声が鵺に似ている怪しい生き物という次第です。
ではその怪物の鳴く声が似ているという鵺とは何かということになりますが、こちらはトラツグミのことと言われていて、主に夜間、淋しげな声で鳴くところから気味悪がられていたとも言われます。

つまり、もともとは似ていたに過ぎない鳥の名「鵺」が、いつの間にかその怪物の名になってしまった訳ですが、こうしたことは歴史上もままあるように思います。

さて舞台は次第の囃子でワキの出。角帽子の着流し僧、森さんが貫禄ある僧侶として登場してきます。アイの大二郎さんが後から出て、狂言座に控える一方、ワキは常座まで出て次第を謡います。
このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1233-d8df63de

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-09 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。