FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

鵺さらにつづき

ワキの謡を受けて、シテは舞台に入りつつ逆にワキに対して如何なる者かと問いかけます。これにワキが答える形で、里人に夜な夜な不思議の舟人がやって来ると言われていた通りに現れる者があって、驚いている様を謡います。

ワキシテの問答となり、ワキはシテを怪しいと訝りますが、シテは蘆屋の灘の潮焼く海士人の類などと謡って答え正体を明かしません。それでいながら地の上歌では「海士人の心の闇を弔い給え」とつながり、実は正体を知らせて救済を受けたいシテの心情をうかがわせる詞章になっています。このあたりも、この曲の単なる武勇譚ではない深さが窺えるところです。

「法の力を頼むなり」と正中へ出て下居し、水棹を置いて小さく合掌します。宝生の小倉さんの時は、まず常座で水棹を放してから正中へと進み、合掌して下居するという形。水棹が舞台に倒れてコトンと音がし、これがある意味風情を感じさせるところでしたが、微妙に形が違います。

ワキはさらに重ねてシテに正体を尋ねて、シテは「これは近衛の院の御宇に頼政が矢先にかかり 命を失いし鵺と申しし者の亡心にて候」と、明確に鵺の霊であることを明かします。この曲、かなり忠実に平家物語の詞章を引いていますが、こと、この鵺という名前については、最初に書いたとおり平家物語では「鳴く声 鵺にぞ似たりける」とのみ記し、化け物の名を書いていないのに反して、鵺とはっきりさせています。

ここからクリ、サシ、クセと、頼政の鵺退治の話が展開します。
クセの前半までは下居のまま「黒雲一むら立ち来り、御殿の上に覆いたり」から「頼政きっと見上ぐれば」と右へ流して目付柱のやや上を見上げる形。
戻して「矢取って打ち番い」と矢取る形で扇を上げて腰を浮かせ、地謡が「南無八幡大菩薩」と受けるといったん腰を下ろし、「よつ引きひやうと放つ矢に」と目付柱に向けて弓引いて矢を放つ形。
「得たりや おうと」で立ち上がって「落つるところを猪の早太」で目付に出、正中へ下がって「続けさまに九刀ぞ刺いたりける」と刀を刺す形を見せます。
「火を灯しよく見れば頭は猿尾は蛇」と火の光で見回す型から「疎かなる形なりけり」とワキに向かって正中で下居します。
小倉さんの時はクセの後半からは面を切ったり、割合キビキビとした動きを見せましたが、白頭の小書もあるせいなのか、どちらかというと抑えた動きだったように思います。
このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1235-e5762d2d

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。