FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

鵺さらにさらにつづき

昨晩はFC2ブログが接続できず更新を断念しました。
本日は関根さんの鵺の最終回です。

語り終えるとシテの舟人は棹を取り直して立ち上がり、うつほ舟に乗って姿を消してしまいます。
小倉さんの時は、中入り前の「恐ろしや凄ましや」で両手を上げて棹を捨て、そのまま退場しましたが、この日は橋掛りに進んだシテは手を放すようにして棹を落とし、そのままするすると中入りした形です。

この中入りではアイが頼政の鵺退治を語ります。
ワキの待謡にひかれて、出端の囃子で後シテ鵺が登場してきます。シテは紺地の小袖を引き被いて登場し、立ち上がったワキの「一仏成道観見法界、草木国土悉皆成仏」の謡で一ノ松まで進んで、一セイ「有情非情、皆倶成仏道」と謡います。

さらに地謡の「涅槃に引かれて」で常座に立ってワキ正に出て「真如の月の夜汐に」と、起き上がって被いていた衣を取ります。白頭におそらく小飛出、白系の袷法被に半切の姿です。
「さても我悪心外道の変化」と大小前に進み「王城ちかく遍満して」と床几にかかって、鵺退治の子細になります。常の形では橋掛りを使って動きで見せるところ、白頭の小書では床几にかかる重い位の形です。
謡も運びがややゆっくりとした感じで進みますが、「矢先に当たれば変身失せて」で矢が当たった形から立ち上がって正中へ出「落々磊々と地に倒れて」と大小前に退ります。
「その時主上御感あって」と扇を懐に、笞取り出して立ち上がり、正先へ出て「右の膝をついて」から、詞章通りに片膝つき袖を上げて目付柱の上方に月を見る形になります。

一度立ち上がり「御剣を賜はり」と大小前に下がって一礼をし、立ち上がると常座からワキ座へと進みます。
「我は名を流すうつほ舟に」と押し入れられる形から流レ足で橋掛りまで進み「淀川の」と一ノ松で回って、さらに「淀みつ流れつ行く末の」と流レ足で二ノ松から三ノ松へと進みます。
「冥きより冥き道にぞ入りにける」で一ノ松まで戻って招き扇し、三ノ松まで進んで「海月も入りにけり」と飛び返って膝をつき扇で面を隠す形「海月と共に入りにけり」で立ち上がって留になりました。
位が重くなると同時に、流レ足の形が変わるなど見せ所の多い一曲でした。附け祝言は高砂が出ていませんでしたので、オーソドックスに千秋楽でした。
(74分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1237-247f9b0a

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-09 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。