FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

敦盛のつづき

囃子方、地謡が着座すると次第の囃子。ワキ蓮生法師が登場してきます。角帽子の着流し僧姿の御厨さんがゆっくりと登場し、型通りに次第を謡います。この次第の詞章は観世流謡本とは違っていて、残念ながら聞き取れませんでした。詞の部分と違って、こうした謡の部分でまるっきり違う詞章というのは、どちらかというと珍しいことなので、宝生の謡本でも調べてみようかとふと思ったところです。・・・が未だ入手しておりませんで・・・

次第を謡い終えると、熊谷次郎直実、出家して蓮生法師であると名乗り、敦盛を手にかけたものの、余りに痛わしいので、出家して一ノ谷に下り敦盛の菩提を弔おうとする旨を語ります。続いて道行を謡って一ノ谷にやってきたワキは、笛の音が聞こえてくることに気付き、暫し待って笛の主を確かめようとします。

ワキが語り終えてワキ座に着座すると、笛のヒシギで次第の囃子となり、前シテと前ツレ三人の都合四人が舞台に登場してきます。
シテが先頭に立ち、段熨斗目に緑のシケの水衣、白大口を着けています。ツレの三人は紺地の無地熨斗目にヨレの水衣で、シテ、ツレともに草刈りした草に擬した挟草を担っています。

舞台に入り向かい合うと揃って次第を謡い、続いてシテのみが正面を向いてサシ「かの岡に草刈るおのこ野を分けて 返るさになる夕まぐれ」を謡います。再び四人が向き合って謡から、下歌、上歌と草刈る業のわびしさなどを謡います。

上歌の終わりに立ち位置を換え、シテが正中で挟草を下ろし、ツレ三人はワキ正側に並ぶ形になります。するとワキ僧が、待ち構えていたように尋ねたいことがあるとシテ一行に声をかけます。
このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1247-5740b124

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-07 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。