FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

敦盛さらにさらにつづき

間語りの後、ワキの待謡。待謡の詞章の前半「露を片敷く草枕 露を片敷く草枕 日も暮れ宵になりしかば」と謡ったようですが、これは下掛りの謡なんでしょうね。観世の本では「これにつけても弔いの これにつけても弔いの 法事をなして夜もすがら」となっています。

さてこの待謡から一声、後シテの出になります。長絹を肩脱ぎにし白大口、梨打ち烏帽子に白鉢巻き。貴公子敦盛らしい出立です。この曲は前場が直面のため、シテ東川尚史さんのお若い面影が後場の装束にも漂う感じです。

シテはワキの法要に感謝をしつつ現れて、地のクリで大小前に進んで正中で床几にかかります。サシ、クセと謡が進んで「誠にひとむかしの」で立ち上がってクセの舞になります。平家物語巻九の敦盛最期には、戦いの始まる前に平家陣中で管弦を催し、その音が寄せ手源氏の陣にも聞こえていたことが、敦盛の笛にまつわって書かれています。
このクセ、それに続く部分では、一ノ谷に陣取った平家の陣中で今様を謡い舞い遊ぶ様が謡われ、その気分でシテの中ノ舞へと繋がる展開。修羅物で中ノ舞は珍しい形で、喜多流では男舞とするようですが、東川さんの中ノ舞も颯爽と貴公子が舞う雰囲気。女物の曲とはやはり異なる感じです。

中ノ舞を舞上げると、場面は一門が海上の船に逃げ去るところに変わります。地の「乗り遅れじと 汀にうちよれば」でシテは橋掛りへと進み、二ノ松あたりまで船を追う形となりますが、舞台に戻り「御座船も兵船も遼に延給ふ」と正中から目付に向けて雲扇。さらに「せんかた浪に駒を控え」と謡いつつ片ユウケンして戦闘の場面となっていきます。

扇で「二打ち三打ち」と打つ形。扇を広げて「馬の上にてひっ組んで」と回って安座し、太刀抜いて「因果は巡り会いたり」と正中へ打ちます。観世流では「波の打物抜いて」で太刀抜いて、その後は太刀を持っての舞になりますが、展開がいささか違います。

最後は太刀を捨て「後弔いてたび給へ」と常座にて合掌し、直して留拍子。敦盛にふさわしい舞でした。
(85分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1249-5f36a92a

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。