FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

半蔀さらにつづき

ちょっと間があいてしまいましたが、高橋憲正さんの半蔀の続きを・・・
ワキは夕顔の花の主は誰かと問いますが、シテは名をはぐらかし、地謡の「五条あたりと夕顔の」の謡に暗示させるように舞台を一回りすると「立花の蔭に隠れけり」と中入になります。一噌流なのでここは送り笛で退場。趣きある後ろ姿です。
前場は凝縮されて短く、シテ、ワキのやり取りも簡単です。

中入ではアイの居語りで、光源氏と夕顔の話を述べ、さらにワキ僧に五条あたりに行ってみるようにと勧めますが、アイの竹山さん最近ちょっと太られたかなあ、などと思いつつ聞いておりました。

アイが狂言座に下がると作り物の半蔀屋が持ち出され、常座に据えられました。
半蔀というくらいで、正面の部分は半分から上だけになっており、夕顔の蔓が絡み小さな金銀の瓢箪様のものが付けられています。

以前、金春の半蔀の鑑賞記を書きましたが、金春流では引廻しを掛け、中にシテが入った形で作り物を出します。金剛流も引廻しを掛け、シテが中に入って出す形で、喜多流も確か引廻しを掛けて出したと思います。
引廻しが掛かっていると、一声の囃子で引廻しが下ろされた時、見所は夕顔の蔓が絡んだ半蔀越しにシテの姿を認識することになります。見えるようで見えない半蔀越しのシテには、深い風情を感じるところです。

一方、この日は半蔀屋が先に出されているため、一声の囃子で後シテが橋掛りを進み、作り物に後ろからはいるかたちになります。この形だと、見所はシテの全身を先に見てしまう訳で、引廻しが下ろされた時のような「ホーッ」という感じは無くなりますが、これはこれで能らしい演出かなあなどと思ったりもします。
上掛りはこの形が普通と思いますが、それぞれに主張があるのでしょうね。

ともかくシテは一声の囃子で揚げ幕から浅葱の長絹、緋の大口の姿を現し、舞台を静かに進んで作り物に入り一セイを謡いました。地との掛け合いから地謡の下歌となりシテは作り物の中で床几にかかります。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1254-18139caf

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。