FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

半蔀さらにさらにつづき

ロンギでシテと地謡の掛け合いとなり、シテ「さらばと思ひ夕顔の 地「草の半蔀押し上げて」で、後見が突竹で蔀戸を押し上げます。この突竹にシテが左手を添え、あたかもシテ自身が蔀戸を突き上げたように見えるところが興趣をそそるところです。
これは各流とも共通のようですが、まあこの曲の見せ所の一つということでしょう。

半蔀を突き上げるように立ち上がったシテは、そのまま作り物を出て目付から大小前へと舞台を廻ります。
大小前に戻ってクセ。舞グセで、曲舞の基本の形をなぞりますが、光源氏との馴れ初め、その喜びの思いを舞う形。優美な見せ所です。

クセの終わりに大小前左右、打ち込んで「折りてこそ」と扇閉じつつ後見を向いて装束直し、序ノ舞へと入っていきます。
シテの高橋憲正さん、本当に舞上手と思うんですよね。長いはずの序ノ舞が時間の経過も怪しくなる感じです。特に激しい感情のある曲でもなく、ここは昔を懐かしむ、しかも昔を振り返ることからの苦しみのようなものはありませんから、穏やかで優美な序ノ舞らしい序ノ舞を堪能することになりました。

舞上げると、源氏の返歌「折りてこそ それかとも見め 黄昏に」と謡っての上げ扇。さらに、過ぎし日を思う心で舞いますが、「鐘も頻りに 告げ渡る東雲」と目付へ向かって雲扇。明け方近い時刻に、目付へ出て扇を左に取り、舞台を廻って正中から作り物に向かい、振り返ってワキにハネ扇。そこから「また半蔀の内に入りて」と作り物に前から入り、正面へ向き直って戸を下ろす形で留となりました。優美な一曲でした。

なおこの曲、作者は内藤左衛門という室町時代の素人と言われていますが、構成といい詞章といい、なかなかに作能に長けた方のようです。なお曲名半蔀は半分の「蔀戸:しとみど」で「はしとみ」ですが、観世流のみ「はじとみ」と濁ります。
(82分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1255-58ab73fd

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-04 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。