FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

通小町 粟谷明生(粟谷能の会)

喜多流 国立能楽堂 2009.10.11
 シテ 粟谷明生、ツレ 長島茂
  ワキ 宝生閑
   大鼓 亀井広忠、小鼓 大倉源次郎
   笛 槻宅聡

通小町は昨年9月に観世流山本順之さんのシテで雨夜之伝の小書が付いた上演の鑑賞記を書きました(鑑賞記1)。その時も書きましたが、この曲は私の好きな能の一つです。前回は上掛りで小書付、今回は下掛りで小書がありませんが、明生さんがどんな能を見せて下さるのか、期待を持って拝見したところです。

この通小町、古くは「四位の少将」と呼ばれた曲で、申楽談義には「小町」、「自然居士」とともに観阿弥の作った能として記載されています。元々は大和(比叡山か)の唱導師が作った曲で、(金春禅竹の祖父に当たる)金春権守が多武峰(談山神社)で演じたものを観阿弥が書き直したと書かれています。まあ、おそらくは世阿弥もそれなりに手を入れているのでしょうね。なお「小町」という曲は、このあいだ観能記に書いたように卒都婆小町と比定されています。

小町にまつわる「深草の四位の少将」の話。百夜に一夜足りない九十九夜通いながら思いを遂げられなかった訳ですが、卒都婆小町とこの通小町と、さらには歌舞伎などにも取り入れられているところを見ると、広く好まれた題材だったのでしょうね。
本来、少将は五位相当の役職ですが、四位の者などが就く場合もあり、わざわざそれと知らせる意味で「四位の少将」と言われる高位の貴族なわけです。その高い身分の男が、百夜通うように求められて従ったうえに、果たせず憤死する。こりゃあその報いがあるだろうということでしょう。
さて能の方は明日につづきます
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1265-bcb873b4

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-05 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。