FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

通小町またつづき

シテ、ツレのやり取りが続き、シテの「包めども我も穂に出でて」の最初で幕が上がって、一句謡い終えたあたりからシテの姿が見えてきます。
痩男に黒頭、水衣を肩上げにし紫の色大口。三ノ松で扇を広げ、橋掛りを進みつつ「招かば留まれかし」と二ノ松あたりで招き扇。地謡が「思いは山のかせきにて」と謡い継ぐ間も橋掛りを進んで「さらば煩悩の犬となって 打たれると離れじ」という、この曲でも特に記憶に残る一句を一ノ松で謡って、手を打ち合わせてツレを見込みます。

地謡が「恐ろしの姿や」(この句は観世ではツレが謡いますが)と謡ううちに、ワキに向かって進もうとするツレに、シテはすっと寄り、「袂を取って引き留むる」と左の手でツレの右袖を抑える形になります。

地謡との掛け合いのうちに、足拍子を踏んだシテは袂を放し、二足ほど下がってツレともどもにワキに向かう形です。
ワキは二人が小野小町と四位の少将であると認め、百夜通いの様を見せるようにと求めます。これを受けて二人の謡。

ツレは「もとより我は白雲の」と軽く謡いつつワキ座に向かい着座しますが、シテは常座で正面を向き思いを込めて、通う毎に車の榻に印を付けていった思いを謡います。車の榻(シジ)は、牛車から牛を外した時に轅(ナガエ)を置く台のこと。車への乗り降りにも使うのだそうです。

ツレが、最初は車で通っていたものを人目にも立つので姿を変えて欲しいと求めたことを謡い、シテが受けて、輿車ではなく馬、徒跣足で通ったと謡って後見から笠を受け取り、その姿も笠に蓑、杖をついての百夜通いとなった様を続けて謡います。
ツレはワキにならんで着座し、シテが二人に語るような形。

さらに「身一人に降る涙の雨か」とシテが謡い、三、四足出でから下がりつつ笠を両手に持って頭上に上げカケリになります。
このつづきもう一日明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1269-c8192e04

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-05 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。