FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

葛城さらにつづき

シテ、ワキの謡から、地謡がこれを受けて「肩上の笠には」と謡い出し道行の態。
シテは少し前に出て小枝を差し出し、手を下ろしつつ角に出ます。角トリして、笠の前を掴み「谷の道をたどりたどり」とワキ正の方へ少し眺める形から、左に回って常座に向かい、「柴の庵につきにけり」と後見座で笠を取って、一行が女の草庵へとやって来た形になります。

ワキがワキ座に着座し、笠を外したシテは「これに標(しもと)の候」と小枝を持って常座に出、湿った篠懸を干すようにと言いますが、これに対してワキは「しもと」とは木の名前かと尋ねます。
答えてシテが語るには、「しもと」は葛城山に縁のあることであり、さらに古歌を引用しつつワキをもてなします。

地謡が「しもと結う葛城山に降る雪は」と謡い出し、この謡でシテは常座から少しずつ出てサシ込み開キの型。目付で角トリして左に回り、常座に戻ってからワキの前まで進んで膝をつき、枝を置いて扇を広げ「松が枝そへて焼こうよ」と煽ぐ形。ワキと見合った後、立ち上がってクセに入ります。

能によっては前場を切り詰めて、ワキとシテとの邂逅のみを描き、後は後場に託してしまう曲もありますが、この葛城では前場のやり取りがなかなかに深く、面白いところ。地謡が謡う古歌「しもと結う葛城山に降る雪は間なく時なく思ほゆるかな」からの謡は、趣き深く展開していきます。

この歌は古今集巻二十に「古き大和舞の歌」とされている歌ですが、これに続けて「よそにのみ見し白雲や高間山の」と、これは新古今巻十一の「よそにのみ見てややみなむ葛城や 高間の山のみねのしら雲」を引いたものでしょうけれども、詞を織りなしつつ謡が進み、クセになります。

クセは舞グセ。曲舞の基本の型をなぞりつつ、最後は「御身を休め給えや」と招き扇をして正中へ出て下居します。
このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1273-ddd3449b

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-05 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。