FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

葛城さらにさらにつづき

クセを舞上げてシテがクツログと、ワキが山伏らしく勤めをしようと言います。
するとシテは蔦葛で身を縛られていて三熱の苦しみがあると訴え、加持祈祷を乞います。そしてシテ、ワキの掛け合いから二人向き合っての謡、地謡が受けて「神に五衰の苦あり」と謡う中、ワキに向いたシテは立ち上がり、常座へと進んで一度正面を向いた後「神がくれにぞなりにける」と中入りとなります。
静かに橋掛りを進むシテを仙幸さんの送り笛が優しく包む感じです。

アイ、所の者が呼ばれ、岩橋伝説を語り、さらなる供養を勧めて退場します。
間狂言は扇丞さんですが、こういう曲の語りアイというのは難しいだろうなあと想像するところ。型通りに岩橋の言い伝えを告げる訳ですが、見所はふっと緊張のゆるむ時間ですし、出過ぎずそれでいて存在感が感じられるような微妙なバランスが必要でしょうね。

続いてワキ、ワキツレが夜を徹して読経するうちに、出端で後シテの出となります。
ワキの一行が立ち上がり、舞台上で向き合っての待謡。「かの葛城の神慮」と謡うとワキのみが階の方を向き、「夜の行声すみて」まで謡うとワキツレは地謡前に下がって着座。ワキは数珠を両手に合掌し一人「一心敬礼」とゆったりと謡います。

出端の囃子が奏し出され謡い終えたワキがワキ座に下がります。出端は、この曲の位ということなのでしょうが、ゆったりとした荘重な感じです。この囃子で後シテの登場です。

後シテの装束は、おそらく小書による替えの装束なのでしょうけれども、白地に雅楽の大太鼓の文様をあしらった、大変きれいな舞衣に、下は緋の指貫でしょうか。あんな装束は見たことがありませんが、大和の舞の初め、原始の姿を表そうという趣向なのでしょう。鮮烈な色です。それに花をあしらった天冠を着けての登場です。
大和舞の小書付で演じられた本田光洋さんの時は、天冠に若紫の色大口、浅葱の舞衣という大変綺麗な装束でした。これとの対比も面白いところです。
このつづきもう一日明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1274-8b864d6b

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-05 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。