FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

葛城もう一日のつづき

登場したシテは、常座で謡い、最後にワキに向かって「よくよく勤めおはしませ」と謡いかけます。これにワキが山の常蔭から女体の神が蔦葛這いまとはるる姿で現れたことを謡います。はいまとわるる「小忌衣」とイロ。

ワキとの掛け合いから地謡「葛城山の岩橋の」と謡う中、シテは三足ほど出て左袖を返してワキに向き、ワキの方へと六、七足出ると正へ直し、袖を直して目付へ。角トリから左へ回り「高天の原はこれなれや」と大小前で正面を向き、さらに左右打込の後、正に構えた形のまま「降る雪の」の謡を謡って、岩戸之舞に入りました。

大左右なんでしょうけれども、両手を使ういささか変わった型でして、右に進んで目付に至り、左袖を被いて扇を面の前に・・・そうですね、翁のあの独特の形です。その形で沈み込むように膝を曲げ、戻して左へ回り、扇を直して地ノ頭から大小前へ。音をたてない足拍子も踏んでいたようで、これも珍しい形。正先へ出てさらに足拍子を踏んで、左袖を巻き上げ、手を下ろしつつ右に回って大小前へ。左右打ち込んで、地の「高天原の岩戸の舞」の謡となりました。

イロヱを複雑にしたような感じなのですかね、序ノ舞や中ノ舞などのいわゆる舞事、神楽などの類とは異なった、翁之舞に通じるような雰囲気です。なるほど能夫さんが書かれていた「岩戸の前で舞った原始の舞」というのはこのようなことか、と納得した次第です。素朴な、そして神に通じる雰囲気を持った舞でした。

この後は地謡に乗って舞い続け「名に負う葛城の」と扇を左手に取り、常座でワキを向いて正中まで出ると「恥ずかしやあさましや」と目付の方を向いて、枕扇のように左手の扇を上げて顔を隠すような形。ここから向きを変えて「あけぬ先にと葛城の」と、舞台から橋掛りに進んで。そのまま「岩戸にぞ入り給う」で幕に入り、送るように立ち上がったワキが座してその消える姿に合掌。二句目の「入り給う」で立ち上がったワキ、ワキツレが目付方に二足ツメて留となりました。
いやあ素敵な能でした。
(91分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1275-632fafef

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-09 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。