FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

子盗人 野村萬(粟谷能の会)

和泉流 国立能楽堂 2009.10.11
 シテ 野村萬
  アド 吉住講 野村扇丞

子盗人は昨年、大藏流茂山忠三郎さんがシテを勤められたものの鑑賞記を書きました(鑑賞記1)。今回は和泉流ですの、若干の違いがあります。

まず舞台にはアドの乳母が登場します。箔を壺折りにして裾の部分で人形を抱いています。忠三郎さんの時は、アドの良暢さんが初宮参りのような形に箔を肩から掛けて出ましたが、形が違いますね。
アドは常座で、この子のような「わわしい」子はいないと嘆きます。縫い仕事がさっぱり出来ないで困ったものだが、今宵はようやく寝そうなので奥の間で寝かそう、と言ってワキ柱のあたりに抱えてきた人形・・・まあ、これが子供の見立てですが、これを寝かせる形になります。
ようやく寝かしつけた乳母は、この間に自分の用を足そうと喜んで別室に行く風で、笛座あたりに控えます。

良暢さんの詞では、乳母は特段子供の手を焼いている風はなくて、子供を寝かしつけると「茶を飲んでくる」と、こちらは幕に入りました。微妙に感じが違ってきます。

代わって登場するのがシテの盗人。人の意見も聞かずにひたすら勝負事をしていたために、不仕合わせ続きで、金銀から家財まで打ち込んで「はらりさん」になってしまった。今一勝負しようにも元手もないので、近所の有徳人のところに忍び込んで道具を案内無しに借りてこようと思う旨を述べます。

相撲の果ては喧嘩、勝負事の果ては盗みなどと、忠三郎さんの時も同じような説明ですが、どちらかというと忠三郎さんは勝負事が好きでたまらない雰囲気を出していたのに対して、今回はむしろ負けに負けて尾羽打ち枯らした切ない雰囲気がより強かったような感じです。
瓜盗人で、大藏の方が図らずも盗みに手を染めることになってしまったことへの後悔を色濃く出しているのに対し、和泉の方は盗みをおもしろがっている雰囲気になっているのと、ちょうど逆の印象ですね。

ともかくも、有徳の人の屋敷に忍び込もうという次第。このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1279-537316c2

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。