FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

石橋 連獅子 粟谷明生(粟谷能の会)

喜多流 国立能楽堂 2009.10.11
 シテ 粟谷明生、ツレ 粟谷浩之
  ワキ 殿田謙吉
   大鼓 柿原光博、小鼓 鵜澤洋太郎
   太鼓 観世元伯、笛 一噌幸弘

石橋はこのブログでは五度目の登場になります。そういう意味で目新しいことはありませんが、これまでのおさらいを含めて、少しばかり書いておこうと思います。

これまでブログに取り上げたのは、宝生流高橋憲正さん(鑑賞記1)、金春流山井綱雄さんでこちらは古式の小書付(鑑賞記1)、宝生流田崎隆三さんの連獅子の小書付(鑑賞記1)、そして喜多流粟谷能夫さん(鑑賞記1)と、以上の通りです。
この石橋という曲、これまでも何度か書いていますが、一度廃曲になり江戸時代に復活したため、流儀によって演出にかなりの違いがあります。
また復曲以後は好んで上演された様子で、各流とも様々な演出を試み、小書も数多く存在します。特に複数の獅子が登場する形が受けたようで、これまでの鑑賞記でも金春の古式、宝生の連獅子、そしてこの日の喜多の連獅子は赤、白二頭の獅子が登場する形です。同じ名前の連獅子の小書は金春流にもあるようです。

今回は半能でしたので、ワキが登場して名乗りをすると間もなく露の手。獅子の登場となってしまいます。
石橋は半能形式で上演されることの多い曲で、金春流では前場も演じる場合をわざわざ丸能と言っているという話を以前書きました。私も観世流では半能でしか観たことがありません。

もっとも宝生流は前場がツレの扱いで、獅子とは別の役者が演じるため半能にすることは少ないようで、アイも登場しません。
いろいろとありますが、ともかく明日につづきます。
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1282-49a80bc0

 | HOME | 

カレンダー

« | 2019-09 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。