FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

附子さらにつづき

この「煽げ煽げ」「煽ぐぞ煽ぐぞ」のあたりは、分かりやすいし面白いところなので、古典の授業で習ったりすると、ついつい口まねでやってみたりするお調子者が出てきます。そんな形で古典に親しみが持てれば、それもまた悪くないかと思います。

さて二人は扇で煽ぎつつ、まずは紐を解いただけで逃げ、また寄っては蓋を外して逃げ、三度目は中を見て逃げます。とうとう中を見た太郎冠者ですが、なんだか美味そうなものだったので食ってみたいと言い出します。
当然ながら次郎冠者はこれを止めますが、太郎冠者は「名残の袖を振り切って 附子のそばへぞ歩み行く」と謡い、正先の葛桶まで寄って扇を箸代わりの形で中の物を食べてみます。太郎冠者が一口食べて気を失ったような風を見せ、次郎冠者が滅却したかと走り寄りますが、太郎冠者は「砂糖じゃ」と笑い出します。

主人が奉公人に食べられてしまわないように、砂糖を大毒の附子だと言っていたことが露見したわけで、その後は太郎冠者と次郎冠者が、二人して取り合いしつつ、すっかり砂糖を食べてしまいます。

しっかり食べてしまったのは良いのですが、さて主人にどう言い訳しようかという段になり、今度は二人して主人の大切な掛け物を破ったり、台天目を壊したりと散々なことをします。
太郎冠者は次郎冠者にけしかけるようなことを言い、次郎冠者が怒ると「戯れ言じゃ」と言う形を何度か繰り返します。このやり取りって必要なのだろうか、と前々から思うところではあるのですが、ストレートに筋だけが展開していくよりも、こうしたやり取りを挟んで行った方が劇の展開に深みが出るということなのかも知れません。

掛け物は正先にある風で、次郎冠者が「ざらりざらり」と引き破る所作をします。また台天目は大きな物という設定で、二人して持ち上げ「がらり、ちーん」と落として割る形です。

後は例によって帰ってきた主人に咎められ、大事な留守番で寝てはならじと二人で相撲をとり、掛け物、台天目を壊してしまったので、附子を食って死のうとしたけれども死ねないと言い訳。主人が怒って二人を追い込んでの留になります。

私、何年か前に鎌腹を拝見して以来、高澤さんの狂言が大変気に入っておりますが、この日の太郎冠者もしっかりした芸で楽しませていただきました。
(23分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1287-a54d280a

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-05 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。