FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

黒塚 今井克紀(ユネスコ記念能)

金剛流 国立能楽堂 2009.10.28
 シテ 今井克紀
  ワキ 宝生欣哉、アイ 三宅右矩
   大鼓 安福光雄、小鼓 幸正昭
   太鼓 金春國和、笛 寺井宏明

安達ヶ原の鬼婆伝説、観世流では安達ヶ原の曲名で、残る四流は黒塚。これまでこのブログでは喜多流粟谷明生さん、金春流中村昌弘さん、宝生流大友順さんと鑑賞記を書いてきましたが、今回の今井克紀さん、金剛流の黒塚で各流の黒塚について一通り鑑賞記を書いたことになります。

金剛流では、このユネスコ能の数日前に同じ国立能楽堂で今井清隆の会があり、克紀さんのお父様である清隆さんが、蝋燭能で黒塚の白頭を演じられたばかり。この会、拝見したかったのですが諸般の事情で断念したものです。どんな感じだったのでしょうね。
この白頭では克紀さんが後見で出ておられましたが、舞台上でどんな思いで観られたのかふと想像してしまうところです。

さてこの日の黒塚ですが、基本的な形は各流共通ですから、別に驚くような展開があった訳でもないのですが、前場から随分と力のこもった演技と感じました。開演ギリギリの到着だったため脇正の席しかなく橋掛り近くでしたが、中入の際にはシテの息遣いが聞こえてくるような、力の入った感じ。
今井克紀さんは初見でして、京都の方でもあり、大友順さんのようないささか優しい雰囲気を想像していたのですが、全く違った印象で驚いたというのが実のところです。

ともかく、流れに沿って曲の全体を書いておこうと思います。

まずは舞台上、大小前に紫の引廻しをかけた萩小屋の作り物が出されます。
次第の囃子が奏されて、ワキ欣哉さんが縞熨斗目に黒か褐色(カチンイロ)なのか、水衣に白大口。ワキツレ大日向さんは茶のヨレの水衣で登場し次第を謡います。
このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1288-cd0a9fff

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-03 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。