FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

黒塚さらにつづき

ワキの問いに、シテはそれが枠かせ輪という物であるといい、ワキが今宵のおもてなしに使って見せて欲しいと頼みます。
シテが「さらば夜もすがら営うで御見せ申し候べし」と答えて囃子のアシライ。シテは立ってワキ正に出、正面を向いて目付にある枠かせ輪に向かい、下居して枠かせ輪を回す形になります。
各流同じ形のところで特に変化はありませんが、脇正から観ておりまして、ふとこちらに向けたシテの面がなかなかに品のあるお顔。
金剛流は舞金剛といわれるように舞の華麗さを特徴としているそうですが、数々の素晴らしい面を所蔵していることでも有名。この日の面がどういう由来のものかは存じませんが、品の良さを感じさせるものでした。

シテ、ワキ掛け合い、シテが「月も差し入る閨の内に」とやや面を上げて月を見る形から面を直してワキを向き、地次第。この地謡でシテは輪に手をかけてゆっくりと回します。シテ「賤が績苧の夜までも」の謡で輪から手を放し、地謡との掛け合いから地の「身を苦しむる悲しさよ」とシテはシオリます。

ワキ、ワキツレのサシ謡となり、地謡がこれを受けますが割にテンポの良い謡。さらにクセとなりますが、クセの終わりで再びシテがシオリます。それにつけてもクセの謡を聞いていると、割と淡々とした運びですが、ああ金剛流らしい節付けと思うところ。以前はほとんど拝見したことのなかった金剛流ですが、ここ数年、意識して観るようにしておりまして、少し慣れてきたのかなと我ながら思った次第です。

ロンギになり、シテは再び枠かせ輪に手をかけて左手で糸を取り、また手を放し、さらに手をかけと、謡の進行に沿って所作に変化を見せます。
「月に夜をや待ちぬらん」と面を上げて月を見る形。地謡が受けて面を伏せると、枠かせ輪に手をかけて地謡に合わせてゆっくり回しだし、回す手を早めるとぱっと手を放してワキに向いてモロシオリとなります。手を放された輪が少しの間動き続け余韻が残る感じです。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1290-0964a85c

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-04 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。