FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

黒塚さらにさらにつづき

モロシオリから気を変えて薪取りに行く話になりますが、ワキとのやり取りから立ち上がったシテは小屋を一度見てシテ柱の方へと歩みます。小屋を過ぎたあたりで立ち止まり「なうなうかまへて妾が閨の内ばし御覧じ候な」と念を押し、ワキが返事をするうちに、橋掛りから中入となります。

宝生の形では、ワキに閨の内を見るなと言った後、ワキツレにも念を押すようになっています。これは安達ヶ原の曲名にしている観世も同様で上掛リの本ではワキツレとの問答が入るのですが、下掛りの本にはワキにのみ「のうのう妾が閨のうちばし御覧候な」と念を押し、ワキが見ない旨を述べるとワキツレには声をかけずに退場する形が基本のようです。
ただし粟谷明生さんがなさった際は、シテが「や」と声を発して立ち止まる上掛りと同様の形を取りました。古い喜多流の謡本では「のうのう」と声をかけていますので、どこかで喜多流に上掛リの形が取り入れられたのかも知れません。

シテの中入は大変力が入っていて、所作そのものはゆっくりとしていますが、振り返る時の足袋の音、橋掛りを進む際の息遣いなど、相当に力を込めて演じておられる感じでした。先日の大友さんの前シテと比べると相当に印象が違います。
この演出が金剛流の普通の形なのか、今井克紀さん独特の物なのか、ともかく金剛流初見でして分かりませんが、強い印象だったことは間違いありません。

シテが中入するとアイが立ってまずは立ちシャベリ。
さてもさてもこの家の主のような心優しい人はござあるまい、と行き暮れた阿闍梨一行に宿を貸してくれ、さらに薪を取りに出かけた主に感謝する様を語り、あれへ参り御物語申そうずるにて候と、正中に進み出てワキに語る形になります。
ここから閨の内を覗きたいのにワキに咎められて寝付けず閨を覗こうとする、お決まりの形になりますが、一度目は「恐ろしい夢をみました」と弁解し、二度目は「高いところから落ちた夢をみました」と弁解。そして三度目に閨の内を見て驚き、「見て御座る」とワキに報告し、恐ろしやと退場します。ちょっとかたい感じでこなれていないかな、というところでしたが、このつづきもう一日明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1291-84bf5334

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-07 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。