FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

黒塚もう一日のつづき

アイが退場するとワキが立って正中へ、ワキツレは常座に進んで作り物に向かい「ふしぎや主の閨の内を」と謡い出します。二人「行くべき方は知らねども足に任せて逃げて行く」と謡い、ワキ座に立って逃げる形。

すると早笛の囃子で後シテの出となります。後シテの出は出端または早笛となっていますが、早笛だと余計に慌ただしく阿闍梨一行が逃げ、これを鬼が夢中で追い掛ける感じになりそうです。

後シテは背に負い柴、その紐を左手にして右手に打ち杖、一ノ松まで出て欄干に身を寄せ阿闍梨一行を逃してはならじと留める心。「胸を焦がす炎」と下がって面伏せ「咸陽宮の煙」と面上げてサシ開キ。
地謡で、二ノ松まで回り「鳴神稲妻天地に満ちて」と自らの謡に合わせて天を見、地を見回して、「鬼一口に食はんとて」で舞台に入ってきます。
「歩み寄る足音」と拍子を踏み、地謡から祈に。

祈では、正中で手を下げて目付に進み、ワキに向かって打ち杖を振り、ワキ座に追い込んで振り返り大小前へと移ります。一度ワキに振り返った後橋掛りへと向かい、途中で負い柴を落として幕前まで進みます。
追い掛けてきたワキに向かい打ち杖を振って一ノ松まで出、シテ柱に巻き付く形で二度ほど打ち杖を振り上げて威嚇する形。二ノ松まで下がった後、ワキを押し戻しつつ常座へ出て足拍子を踏み、目付に出て打ち杖を振りつつワキをワキ座へと追い込みます。
ここから作り物へと向かい、萩小屋の戸を守るような形になって祈の留。
かなりはっきりした動きで、今まで能ではあまり見たことのないような印象を受けたところです。

ワキが「東方に降三世明王」と謡い出し、数珠を揉んで祈り伏せようとするワキに対して、足拍子、踏み返しと、闘う姿を見せますが「祈り伏せにけり さて懲りよ」と祈られて常座で伏せる形。

「今まではさしも実に」と一声謡って立ち上がり、地謡に合わせて舞いつつ、「夜嵐の音に立ち紛れ」と橋掛りに進んで、二ノ松で足拍子を二つ、「夜嵐の音に失せにけり」と飛び回った後、立ち上がって留となりました。
はっきりした演技で、外国人の方がかなり多数見えていた見所には良かったのではないか、と思った次第。
附け祝言は猩々でした
(75分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1292-e930dbb6

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-04 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。