FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

巻絹のつづき

巻絹が金剛流では重い扱いになっているというためなのか、囃子方、地謡ともに半上下で登場し着座します。まずは栗林さんの吹く名宣笛でワキの大日向さんとアイの深田さんが登場してきます。ワキが常座に出て名乗り、アイは後に控える形。千疋の巻絹を三熊野に納めよとの宣旨により、国々から巻絹を集めているが都からの巻絹が遅くなっている由を語ります。
ワキは名乗り終えると「いかに誰かある」とアイを呼び出し、都からの巻絹が着いたならば報告するようにと命じて、ワキ座へと着座します。アイも地謡座前に着座して待つ形です。

次第の囃子でツレ、都の男が登場します。白大口に緑の水衣を着け巻絹を右肩に担っています。舞台に進むと次第を謡い、サシ、下歌、上歌と謡って三熊野にやって来ます。着き台詞から「音無の天神へ参らばやと思い候」と述べた後、観世流などですと「や」と一声あって「冬梅の匂いの聞こえ候」となり、梅の香に「や」と気付いて梅を探す展開ですが、金剛ではまず「冬梅の匂いの聞こえ候」と言ってから「や」と一声あって「これなる梅にて候」と、「や」の声は梅の木を見つけて発する声になっています。ちょっとしたことですが、気にしてみると面白い。ツレは高橋雪絵さん、後見などでは何度かお見かけしていますが、役で拝見するのは初めてです。

目付で下居して合掌したツレは「南無天満天神、心中の願叶えて給わり候え」と謡って立ち上がり、地謡で橋掛りへと進みます。一ノ松まで進んでから地謡一杯に舞台に戻り、常座からワキに向いて案内を乞います。

アイとのやり取りがあり、ワキにアイが取り次ぎますが、ワキはツレを詰問する形になり、地謡の上歌でアイがツレに縄を掛けて「とったぞ」と声を出します。
遅参の科で縛られてしまったという次第です。ここでシテの出となりますが、このつづきはまた明日に。
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1302-c53ee25f

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-08 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。