FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

融さらにさらにつづき

地謡が「あら面白や曲水の盃 受けたり 受けたり 遊舞の袖」と続けて謡い、シテは一ノ松で扇を使い盃を汲み上げる型。さらに囃子が流す中を三ノ松まで下がって幕前から舞に入ります。
早舞の前に特別なイロヱが付いた形で、幕前から舞出すと、ゆっくりと橋掛りを進んで常座に出てきます。
あらためて三足出、かけて目付へと進み角トリ。左へ回ってワキ座から大小前へと進み、両袖の褄を取って答拝。ここから早舞の譜になります。

舞台を回って常座から足拍子を踏んで打込、扇広げて段。上扇のあと盤渉調になり舞が続きます。早舞自体は特別な形ではなさそうですが、他流の舞と比べると手数が多いというか、舞が全体に複雑な感じです。それだけ優美で華麗な感じになるように思います。

五段で舞って大小前で小回りし、左袖を巻き上げて舞上げ。地謡の「あら面白の遊楽や」の謡になります。
地謡の間に息を整える感じになった後、シテは「それは西岬に」と正面に向き直り「その影に隠さるる」と足拍子を踏んで開キ、「月のある夜」と抱え扇して、星を見るように上を見回す形。謡いにのって優美な舞が続きます。

地謡「鐘も聞こえて」シテ「月も早」と雲扇。足拍子を踏んで「この光陰に誘われて」と正先に出て両袖を巻き上げ、そのまま「月の都に入り給う粧い」と橋掛りへと進んで幕に入ります。「名残惜しの面影や」とワキがシテを追うように立ち上がって進み、ワキ留の形となりました。

融自体、何度見ても能らしい能で、たいへん好きな曲ですが、この日も趣きある舞台でした。遊曲の小書は宝生流にもあり、橋掛りを使ってイロヱから早舞へと進むなど、同じような構成の様子ですが、上演が極めて少ないので拝見したことはありません。
なお附け祝言は高砂でした。
(88分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1317-0e629a06

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-05 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。