FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

咲嘩 野村萬(国立能楽堂特別公演)

和泉流 国立能楽堂 2009.12.23
 シテ 野村萬
  アド 野村扇丞 野村祐丞

この曲は一昨年、万作さんのシテで拝見しています。また表記は違いますが大藏流山本則直さんのシテで「察化」も拝見し、鑑賞記を書いています。
さらには両流にある「口真似」と共通する部分が多いことから、このあたりの違いなどを含めて思うところを書いてみました(察化と咲嘩・口真似1)。このあたり、併せてお読み頂ければと思います。

ただ、今回観ていて思ったのですが、シテの太郎冠者は激しやすいとんちんかんな人物であるものの、案外お人好し。大盗賊と分かった咲嘩とも、主人に相手をしているようにと言われて親しげに話します。

一昨年、万作さんの咲嘩を観た際は、太郎冠者が見当違いのことをする妙な人物なので、口真似をすることになると感じたのですが、今回は、せっかく親しげに咲嘩と話をしているところを、ああだこうだと主人に言われ、いい加減気分を悪くしていて、主人に言われたことを種に口真似を始めたという感じを受けました。

この曲、太郎冠者が間違って連れてきてしまった盗人を、適当に接待して帰そうという算段のところ、太郎冠者がうまく話が出来ないのに苛立った主人が、自分の言う通りにしろと太郎冠者に命じます。この「言う通り」というのを文字通りに、太郎冠者が主人の口真似をしてドタバタ劇になるという展開ですが、なぜ太郎冠者が口真似をするのか、その必然性が案外重要に思えます。

この日の萬さんは、そんな訳で、いささか主人に腹を立てて反抗したという雰囲気を見せました。面白い一曲です。
(30分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1322-8bb694d3

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。