FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

能楽座ひたち公演を観る

本日は日立シビックセンターまで、能楽座ひたち公演を観にいって参りました。
朝から曇りの寒い一日でしたが、堪能してきたところです。

曲は友枝昭世さんのシテに宝生閑さんのワキで巻絹、野村萬さんの二人大名をはさんで、粟谷明生さんのシテに宝生欣哉さんのワキで青野守という番組です。
以前にも書いたような記憶があるのですが、この能楽座は流儀を超えて当代一流といわれる能楽師の皆さんが結成したもので、年に数回、主に地方都市で開催されています。
そんな訳で、今回は能がいずれも喜多流ということでしたが、喜多流に限ったものではありません。

それにつけても友枝昭世さんや粟谷明生さんの能・・・地頭を粟谷能夫さんが勤められ、野村萬さんの狂言という番組を、地方のホールの特設舞台で、わずか3千円という入場料で拝見できるのは、嘘のような話です。しかもクオリティが高いときてまして・・・

このところ巻絹はこのブログに何度か登場しましたが、喜多流は初めてです。
喜多も神楽は五段神楽ということで、しかも今回は装束が変わっていまして、大変趣のある神楽でした。

二人大名では大笑いをし、青野守。
喜多流だけにある野守の特殊演出ですが、めったに上演されない形で見ごたえある舞台でした。

というわけで明日から鑑賞記を・・・というのが、いつもの流れなのですが、実は現在、パソコンが故障中でして、やむなくサブノートから更新しています。
これがまた、こういう調べものをしながらのブログ更新には大変使いにくいので、故障をなんとか乗り切ったら、鑑賞記を書こうと思っています。
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1328-4fcb7f13

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-06 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。