FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

喜多流自主公演能を観に行く

朝のうち水戸ではみぞれ交じりの荒天でしたが、喜多流職分会の自主公演能を観に、目黒の喜多六平太記念能楽堂まで行ってきました。そうそう、今日は東京マラソンの日で、帰りの電車ではマラソンを走ってきたと思しき方を何人か見かけました。

さて自主公演の方は、いつもの通り能が三番と狂言一番。
能は、粟谷充雄さんのシテで竹生島、狩野秀鵬さんシテの雲林院、そして大島輝久さんのシテで大会という三番。狂言は山本東次郎さんシテの柑子でした。

いつもながら、それぞれに面白く拝見しました。
なかでも、竹生島のツレ佐々木多門さんの舞が印象的でした。きちんとした芸風の方で、前々から好感を持ってみています。
雲林院の典雅な雰囲気も良いですが、喜多流の大会は面を二つかけるという独特の演出で、一度観ようと思っていてついぞ機会がなかったもの。興味深く拝見しました。
東次郎さんの狂言は、いつもながら何ともいえない暖かみがあり、今日も味わい深く拝見したところです。

さて先日来パソコンが不調のため、観能記の更新をお休みしています。
なんとかならないかといろいろ試してみたのですが、どうにもうまくいかず、思い切って新しいパソコンを購入しました。
今のところ設定や、前のパソコンからバックアップしておいたデータの復元などをしていまして、まだ観能記には届きませんが、早晩、更新を再開しようと思っています。
本日の番組もいずれ・・・
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1330-ff6d878e

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。