FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

巻絹 友枝昭世(能楽座ひたち公演)

喜多流 日立シビックセンター 2010.02.11
 シテ 友枝昭世、ツレ 内田成信
  ワキ 宝生閑、アイ 高部恭史
   大鼓 柿原祟志、小鼓 大倉源次郎
   太鼓 観世元伯、笛 松田弘之

巻絹は好きな曲だ、と以前にも書きましたが、このブログ四度目の登場です。
観世流関根祥人さんの神楽留の小書付(鑑賞記初日月リンク
同じく観世流浅見真州さんで、こちらは諸神楽の小書付(鑑賞記初日月リンク
さらに金剛流工藤寛さんの演能(鑑賞記初日月リンク
と以上三番の鑑賞記を載せています。
同じ曲について、ああだこうだと書いても仕方ないような気もしているのですが、一方で同じ曲だからこそ流儀や演者による違いが際だって来るようにも思います。ましてや今回は友枝さんの巻絹ですし、喜多の巻絹は初見でもあり、全体の印象や気付いたことなどを書いておこうと思います。

まずは松田さんの吹く名宣笛でワキの宝生閑さんとアイの高部さんが登場してきます。ワキが常座に出て名乗り、アイは後に控える形。千疋の巻絹を三熊野に納めよとの宣旨により、国々から巻絹を集めているが、都からの巻絹が遅くなっている由を語ります。
ワキは名乗り終えると「いかに誰かある」とアイを呼び出し、都からの巻絹が着いたならば報告するようにと命じて、ワキ座へと着座します。アイも地謡座前に着座して待つ形です。

次第の囃子でツレ、都の男が登場します。観世流も金剛流も白大口に水衣の形でしたが、今回は素袍上下で右肩に巻絹を担った形。旅姿で素袍上下というのは、おさまりが悪い感じがしないでもないのですが、ともかく舞台に進むと次第を謡い、サシ、下歌、上歌と謡って三熊野にやって来ます。
このつづきはまた明日に。
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1332-f64e0ee5

 | HOME | 

カレンダー

« | 2019-11 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。