FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

巻絹さらにつづき

ワキが、これはどうしたことかと問うと、シテはこの男が昨日音無の天神で、一首の歌を詠んで自分に手向けた者なので、急いで縄を解くようにと求めます。

ワキはこのような下賤の者が歌を詠むなど思いもよらないことと否定しますが、シテはツレに上の句を詠むように促し、ツレの詠んだ上の句に下の句を続け、男が歌を詠んだことを証明します。
そして続く地謡で、ワキ座に向かって正中辺りまで出、常座へと戻ってツレを見込み、後に行って「打ち解けこの縄を」と縄を解いてしまいます。
ツレは立って笛座前に進み、シテは「とくとく許し給えや」とワキに向かって左手を延べ、許しを乞う形になります。

続く地のクリのうちにシテは常座から大小前へ進みます。シテがサシを謡い、これを受けた地謡の「寂然閑静の床の上には」で扇を広げると「眠はるかに眼を去る」とユウケン。
そもそもこれまで観た巻絹では、シテが御幣やそれに換えての梅の枝などを持って出ていましたが、今回は装束も唐織着流しで、御幣も持たないという珍しい形なので、ここで扇を広げてユウケンという展開にもなっているのだろうと思います。

さてシテの謡を地謡が受けてクセへと進んで行きます。「よろずの悪念を遠ざかり」とサシ込み、開キ(型は観世流の名称で記載しています)。基本的な曲舞の展開で左右、打込から扇広げ、上げ端「さらば天竺の」で上げ扇の後「婆羅門僧正は 行基菩薩の御手をとり」で、角へ出て扇左に取り、左へ回って正中から常座へと回って正先へ向かい、「詠歌あれば御返歌に」とハネ扇の型などを見せます。

さらにクセの舞がつづき、「神のしめゆう糸桜の」六拍子を踏んで左右から打込んでクセを舞上げ、ワキを向きます。
もう一日、明日につづきます
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1335-7b50482d

 | HOME | 

カレンダー

« | 2019-11 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。