FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

巻絹もう一日のつづき

ワキが祝詞をあげるように勧めると、シテは常座に向かい後見から幣を受け取り右手に持ちます。そのまま正先へ進んで下居し、幣を上げつつ「謹上再拝」と謡い出して幣を振ります。
そして両手で幣を捧げるような形になって「そもそも当山は・・・」と謡い出します。幣は左手に取って、膝に立てる形です。

地謡と掛け合いの形で金剛山の霊光が熊野に飛んで霊地となり、御嶽は金剛界、熊野は胎蔵界であると謡います。そして地謡の「密厳浄土有り難や」で、シテは立ち上がり幣を右手に持って、答拝から神楽へと入っていきます。

巻絹の「神楽」の話は、前回、金剛流工藤さんの鑑賞記でもいろいろと書きましたが、喜多流の巻絹も金剛流と同様に五段の神楽です。やはり神憑ったまま神楽を舞上げて、キリの「神は上がらせ給う」で神が離れる形を大切にしたということでしょうね。
神楽の段が進むにつれてノリが良くなり、神憑りの不思議な神々しさが強まってきます。笛が松田弘之さんということもあり、気分の盛り上がるところ。

神楽を舞上げると地謡が「不思議や祝詞の神子物狂」と謡い出し、シテは正先へ出、地謡との掛け合いで謡いつつ舞う形です。
このあたりの型は流儀、シテによって色々と違いがありますが、今回の友枝さんの舞いは神憑りとなったシテの高揚感がさらに強まる感じでした。

そして「神はあがらせ給う」と一度ワキに寄りますが、下がりつつ万歳をするように両手を挙げ、その挙げる勢いのままに幣を捨てて安座しました。
「声のうちより狂い覚めて」と立ち上がり、扇を出して留。神が離れたとはっきり感じられるところでした。
素敵な巻絹だったと思います。
(64分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1336-41a3a8ed

 | HOME | 

カレンダー

« | 2019-11 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。