FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

青野守のつづき

舞台が落ち着くと次第の囃子。ワキ羽黒山の山伏が登場してきます。白大口に褐色でしょうか黒っぽい水衣、篠懸に兜巾姿で、修行を積んだ法力の高い山伏という風。

なにぶん特設舞台のため橋掛りも短いので、次第の囃子も短めですが、ワキ山伏は常座に立ち次第謡。正面に向き直って、羽黒山より出た山伏だが大峯葛城の修行を志し大和路を辿る旨を述べて道行の謡になります。

「子に伏し寅に起き馴れし」と、寝る間を惜しんで修行の旅を続ける様を謡いつつ、大和の国へとやって来ます。(子の刻は午後十二時頃、寅の刻は午前四時頃ですね)
和州南の、このあたりは春日野というところかと、人を待ち名所などを尋ねようとワキ座に着座します。

代わって囃子が一声を奏し前シテの出になります。
小格子厚板なのだろうと思うのですが、よく見る小格子ではなく、かなり大振りの格子柄で、渋さの中に大胆さを感じる装束。これにシケの水衣、杖を右手に持った老人の姿で舞台に登場し、常座で一セイ「春日野の 飛火の野守出でて見れば 今幾程ぞ若菜摘む」を謡います。

この後のサシ、下歌、上歌は省略されました。天地之声の時もそうでしたが、小書が付くと省略される場合が多いようです。
明生さんは、以前の演能記で、この上歌の「昔仲麿が 我が日の本を思いやり」という謡がお好きだと書いておられて、かつて青野守を演じた際には省略されなかったとのこと。今回はどうされるのか興味を持っていたところですが、今回は略されました。

たしかに百人一首にも取られている阿倍仲麻呂の歌「天の原 ふりさけみれば 春日なる 三笠の山に いでし月かも」を読み込んだ謡で、趣き深いところですが、地方での公演で、しかも能楽が初めてという方も少なくない状況では、略される方が良いのかも知れません。
このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1342-6f22ce8b

 | HOME | 

カレンダー

« | 2019-11 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。