FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

屋島さらにつづき

シテが背中から中啓を取り出して構え、義経の出で立ちを語り始めます。ツレが加わって錏(シコロ:錣)引きの話となりますが、シテは「着たる兜の錏をつかんで」と扇を左手に取って前へ出し、互いに引き合って「鉢付の板より引きちぎって」と、扇をさっと下げて、錏が引きちぎられた様を仕方で語る形です。いつもながらシテ慈一さんの力のこもった演技で、「この老人はただ者ではない」と思わせます。

ロンギになり「不思議なるとよ海士人の」でシテの肩上げが下ろされて、いよいよ不思議の人物であることが強調されます。「あまりに詳しき物語 その名を名のり給へや」と地謡がワキに代わって謡い、「よし常の浮世の夢ばし覚まし給ふなよ」という意味ありげな謡を残してシテの中入りとなります。

シテ、ツレが姿を消すとアイの浦の者が常座に進み出てきます。
屋島の通常の形では、登場したアイが中入前に語られた錣引きの話を繰り返すわけですが、奈須与一語の小書が付くと、那須与一の扇の的の話が仕方で語られることになります。弓流の時は間狂言も奈須語になるので、間狂言も楽しみなところです。

萬斎さんの奈須与市語は三度目でしょうか。
前回の檀の会では久しぶりに拝見したので、なんだか余裕を持って演じられているような感じを受けたところです。

アイはまず常の間狂言の通りに常座へ出て名乗り、塩屋の見回りをすると言って目付に出てワキ僧を見つけ問いただします。アイが塩屋の持ち主なのですが、ワキは主に借りたと言い、アイは主は自分だというお馴染みの問答の後、ワキがこの地で扇の的を射たという奈須与一の話をしてほしいとアイに持ちかけます。
これに答えてアイが「そもそも四国の兵」と語りだします。
このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1350-a3e693d9

 | HOME | 

カレンダー

« | 2019-11 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。